クレジットカードご利用時のセキュリティ対策強化について

クレジットカードをより安全に安心してご利用をいただけるように、国際セキュリティ基準への準拠に伴いまして、旧バージョンの暗号化方式で通信のOS又はブラウザーでは、お支払い方法の選択が正しく動作しない場合がございます。
クレジットカードでお支払いの際は、国際セキュリティ基準に準拠の新しいバージョンのOSとブラウザーで、ご利用をいただきますよう予めご了承をお願い申し上げます。

経済産業省より公表の「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画(※1)」により、EC加盟店は2018年3月までに、「カード情報の非保持化」または「PCI DSS準拠(※2)」への求めに対応をいたしました。

【動作確認済みOS/ブラウザー】

Windows10
Microsoft Edge 25、Internet Explorer 11、FireFox 48、Google Chrome 52
Windows7
Internet Explorer 11、FireFox 48、Google Chrome 52
Mac OS X 10.10
Safari 9.1.2
iOS
iOS5以上
Android
標準ブラウザ Android5.0以上
Chrome Android4.0.4以上

※1 実行計画について(経済産業省プレスリリースより)
http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170308003/20170308003.html

※2 PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)クレジットカード情報を扱う全ての事業者に対して国際ブランドが定めたデータセキュリティの国際標準。 12の要件、約400の要求事項から構成されており「準拠」とは、このうち該当する要求事項全てにできていることをいいます。